大学生で一人暮らしを始めるなら部屋探しから!

進学で一人暮らしをすることになる方は、望む条件に合致した部屋探しをする事から始めましょう。どんな住まいとなるかで、その後の学生生活や両親の経済的負担が違ってくるので重要です。

学生に人気のお部屋の特徴BEST3

つみき
no.1

学生街にある部屋

大学のキャンパスに近い部屋なら、移動時間が短く行きも帰りも楽ですので勉学や仲間のとの交流が便利です。また学生街にある部屋は一般賃貸の物件よりも、家賃が安めですので人気があります。

no.2

浴室とトイレが別

浴室とトイレは別々になっている部屋は、お風呂好きの女性にニーズがあります。お風呂でゆったりとした時間を過ごしたい方が、浴室とトイレ別を部屋探しの条件としています。

no.3

敷金・礼金がゼロ円

短期賃貸のマンションなら初期費用が安く済みますので、なかなかお気に入りの物件が見つからない場合のつなぎの住まいとしても活用できます。高額になりやすい敷金・礼金がゼロ円になるのは魅力的です。

希望する部屋を探すコツとは?

希望条件に合致した部屋探しをするなら不動産会社を個別に訪問する前に、専用の検索サイトを活用するのがコツです。物件情報の中から、最寄り駅や間取り等の条件を指定して検索できるのでとても有用です。

一人暮らしをする大学生は必見!お部屋を借りる時に役立つ知識

部屋

学生なら家賃は気になる部分

学生にとって生活をする上で家賃負担は大きな割合を占めていますので、部屋探しをする際には家賃がどれくらいになるかはとても気になるところです。
ただし安さだけで選んでしまうと立地条件や周囲環境で後悔してしまう可能性もありますので、慎重に検討する必要があるでしょう。マンション、アパートを単独で借りるスタイル以外にも、シェアハウスやマンスリーマンションの他、学生会館など様々な形態がありますので一考の価値があります。

初期費用や家賃を抑える方法

男性

学生専用住宅を検討する

学校が用意する寮や学生会館などの学生専用の住宅であれば、学生の生活スタイルに合わせやすい条件であったり、一般住宅と比べて初期費用や家賃を安く抑えたりすることができる可能性があります。

家具や家電付き住宅を選ぶ

賃貸住宅の中でも家具、家電がすでに備え付けタイプもあります。新たに機器や設備を買い揃える必要がありません。ただし、お気に入りの部屋にできない等のデメリットを共用できる方向けです。

シェアハウスを活用

複数の住居人で家賃をシェアしますので、立地条件の良い住宅を借りることができます。困った時に助け合えるメリットがある一方で、共同生活のマナーやルールを守る方ができることが必要です。

短期賃貸住宅を利用

マンスリーマンションなら敷金・礼金なし、家電・家具の設備ありなど特徴がありますので、初期費用を大きく抑えることが可能です。ただし、次の住まいが見つかるまでのつなぎと捉えてください。

大家に直接交渉する

相場価格が安定していますので、極端に安くなることは期待できませんが、値下げ交渉しだいでは数千円程度の値下げは可能性があります。仲介している不動産会社に相談してみるとよいでしょう。

広告募集中